マティス 画家のノート

 

 

「庭を散歩しているとき、私は次から次へと花を摘み、あれこれ行き当たりばったりに積み集めては腕にかかえ込んでゆく。そうした花を描くつもりで家にもどる。自己流に花を活けてみると、何という幻滅—花の魅力はこの活け方ですっかり消えてしまった。いったいどうしたわけか。
 好みにまかせてこの花あの花と摘んでいる間に無意識に行われた組合わせがとっくの昔に枯れた花束の追憶をもとにした意図的な活け花にとって替えられてしまったのだ。このかつての花束の魅力が思い出のなかに残っていて新しい花束への負担となってしまった。」p279